株式投資と会社の人気




株取引を行う投資家にとって、2008年後半は悪夢のような日々だったと思います。
上手く切り抜けた人は、周囲からうらやましがられたことでしょう。

ぼこぼこにやられてしまった人は、株価が下がりきったこの2009年、お返しできるチャンスの年だといえます。
しかし、その前に、改めて株というものをもう一度見てみましょう。

きちんと理解した上で、反撃に臨みたいですよね。
これから始めようという初心者の方は、しっかりと知識を頭に入れてください。

2008年後半に起こった、突然のリーマンブラザーズの破綻劇。
とぼとぼと荷物を運ぶリーマン社員のニュース映像が衝撃的でした。
ああいった現象は、どんな専門家でも予測はできないことです。
そこから起こったリーマンショックは、実際、実に珍しい現象だったといえます。

本来は、知識を持った人たちは避けることのできるリスクがほとんどです。
初心者の方でも、しっかりと方法を学べば、上級者と同じようにリスクを回避することは十分可能です。

それでは、株というものをおさらいしていきましょう。

株を一言で簡単にいうならば、会社の信用、といったところでしょうか。
企業運営には、人件費や設備投資といった多大なお金がかかります。
それだけのお金を現金で所持しているところはまずないでしょう。
ですので、銀行で融資をしてもらったりして、運営資金を調達しているのです。

続きを読む

(C) 2009 株初心者入門