リスク管理の基本 損切り




株取引にはリスクがつきものです。
儲かるばかりが株ではありません。
損は必ず出る。その損をいかに小さくするか、これが株を成功させる基本の考えです。

ですので、株を始めたばかりの初心者の方は、まず損を小さくする方法を覚えなければいけません。
損切り、という言葉があります。
これを覚えてから、株式投資はスタートしましょう。

株を始めるにあたって、色んな株の本やネットのサイトなどで情報を集めたと思います。
その中には、必ず「損切りを覚えよう、徹底しよう」という言葉があるはずです。
初心者でも上級者でも関係なく、損切りがきちんとできるかどうかに、利益はかかっているのです。

損切りはつまり、損を減らす、つまり「見切りをつける」ということだと思ってください。
下がってしまった株で損が出るのは仕方ありません。
その損を小さくするか、大きくするかは、すべて損切り次第だといえます。

続きを読む

(C) 2009 株初心者入門