株取引の期間(短期・中期・長期)




若い人が株を始める場合、イメージするのは短期投資やデイトレードかもしれませんね。

インターネットが広がった今、誰でも始められる株として注目されています。
しかし、株式投資は、株を持っている期間によってその種類が分類されているのです。

なぜ期間をわけるかというと、銘柄や市場によって、一定期間の変動の具合が全く違うからです。
短期投資を選ぶのか、中長期投資を選ぶのかで、選ぶべき銘柄や市場は大きく異なってきます。

すると、効果的な取引方法や戦略なども変わってきます。
株取引において期間は大変重要な要素ですので、簡単に決めないようにしましょう。

では、期間についてみていきましょう。
期間は3つに分類されており、短期、中期、長期とあります。
それぞれに特徴があり、まったく別物と考えてもいいくらいです。

続きを読む

(C) 2009 株初心者入門