損きりと売りのタイミングライン




どれだけ株に精通した人でも、売るタイミングというのはいつでも悩むものです。
「もう少しは早く売っておけば・・」「後もう少し待てばよかった」という後悔は、つきものですね。

経験を積んで、利益をトータルで考えることができるようになれば、多少利益が減っても、なんてことはありません。
しかし、株を始めて間もない方は、少しでも利益を増やそうと、売りのタイミングに右往左往することもあるでしょう。

この売りのタイミングが、株取引において一番難しいことだと言われています。
持っている株が急落すると、当然初心者のかたは焦ってしまいます。
今売るべきなのか、それとももう少し待ったほうがいいのか、それは経験でしかわかりません。

本を読んで理屈を覚えても、実際の世界はマニュアル通りにはいかないのです。
見切りをつけるタイミングというのは、実際に経験を積んでいくことで、少しずつわかっていくようになります。
最初のうちは、ある程度の損は仕方がないと思いましょう。

上のように、急落しているときは、多少見切りもつけやすいでしょう。
では、じわじわとゆっくり下落しているときは、どうすればいいでしょうか。

続きを読む

(C) 2009 株初心者入門