リスクを考えた資金計画で株取引




株を買う前にまず、資金の用意が必要ですね。

生活の口座とは別に、株専用の口座を作り、そこにお金を入れると思います。
人によって資金の額は違うとお思いますが、最低でも10万円は用意しておきたいところ。
できれば100万円はあったほうがいいでしょう。

昔と違い、最近では数百円や数十円という、小学生のお小遣いでも買える株が登場してきています。
手軽に始められるという点ではいいと思いますが、その株で何十万、何百万という利益を出すのはまず無理があります。
株取引で利益を出そうと考えているのなら、やはり最低でも10万円は投資に必要だといえます。

ただ、10万円ではやはり購入できる銘柄は限られてきますし、リスクに耐えることが難しく、なかなか思い切った投資はできません。
取引を最大限にしたい、色んな銘柄を購入したい、という人は、やはり1,000万円程度は手元にないと難しいでしょう。
特に、有名な企業、例えば任天堂や花王といった一流企業や、日本銀行の株は、最低200万円はないと、購入すらできません。

200万円というと、一般の方が投資するお金としては、捻出が難しい金額だと思います。
安い株から高い株まで合わせて、全銘柄の90%は、50万円あれば購入が可能です。
ボーナスを2回貯金すれば、投資用のお金が作れますね。

続きを読む

(C) 2009 株初心者入門