ゴルフのダウンスイングの基本

ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げたときに、左腕とクラブのシャフトとの角度が、しっかりと90度になっているでしょうか。

スポンサードリンク

角度が90度にならない場合は、左親指サイドのコックが足らないときです。

ゴルフクラブのシャフトが、地面と垂直になれば、シャフトの左腕の角度も90度になってきます。

ゴルフスイングの注意点は、トップまできた際に、肩が90度を超えていて、腰の回転は45度くらいまできている状態が理想的です。

クラブフェースと左手の甲との向きが、同方向に向いているようにしましょう。

ゴルフスイングの左手首のコックさえしっかりしていることで、クラブベースと左手甲との向きは同方向になるでしょう。

ゴルフスイングのダウンスイングでは、イメージを左ヒザから開始するように意識してください。

左足親指の付け根部分で、地面をグリップするような気持ちで行うと、左ヒザの始めからダウンスイングがスタートできるでしょう。

体の上半身から動き始まってしまうと、左サイドに体重移動ができなかったり、右肩が落ちる結果となります。

テークバックと同じ軌道を通って、ダウンスイングでは落ちて行きません。

軌道は、同じにする必要はなく、体が開いていることから、外側からクラブが下された方が良いのです。

シャフトと地面との向きが平行になったら、両肩がスクエアになっており、腰の開きが30度くらいに開きます。

回転が肩と腰にでない場合、ダウンスイングがうまく仕切り返せていないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......

▲このページのトップへ