ゴルフスウィング理論

ゴルフスウィング理論には、テークバックをする際に、両腕で形成されるトライアングルを保つことがいわれています。

スポンサードリンク

初心者の段階では、ゴルフスウィングでそのことに気が奪われ過ぎて、トップ位置で奇妙になってしまう傾向があります。

腕のトライアングルを維持することに固執し過ぎて、バックスウィングしていると、右腕を曲げないでゴルフスウィングをすることになりますから、スムーズにトップにまでいきません。

両腕を曲げずにゴルフスウィングのバックスウィングをすると、不自然なスタイルのテークバックになり、更にはトップで上体を円滑に回転させられなくなります。

上体のひねりがスムーズにいかないくらいなので、両腕でトライアングルをずっと作り続けるには、限界があるといえます。

バックスウィングよりトップへの腕の状態は、左腕は伸ばして、右腕は畳まれる形がベストでしょう。

バックスウィングに入って、アドレスから左肩が90度ひねると、体から左手の指先が最も離れた位置になります。

トップまできたら、左腕はまっすぐにすると理想的ではあるものの、曲げても問題はありません。

左手をトップでまっすぐにすることに意識が行き過ぎてしまえば、今度は力の入り過ぎがネックになります。

飛距離と関係し、腕に過剰な力がかかっていると、グラブをダウンスウィングで速く振れないので、ボールが飛ばなくなる原因になります。

上体をひねり、腕を柔軟に使うことが、ゴルフスウィングに重要だと言えるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフ練習場でゴルフスウィング練習
ゴルフ練習場では、その施設によってボールをカゴの中に入れています。 ボールをカゴ......
バンカーのゴルフスウィング方法
バンカーのゴルフスウィングをするときには、極力下半身を使わないように心掛けます。......

▲このページのトップへ