ゴルフスイングのトップの注意点

ゴルフスイングで抱えている大きな問題点といえば、飛距離が出ないことがあげられます。

スポンサードリンク

飛距離の問題には、ゴルフスイングでの上体の伸びあがりに関係があるということです。

トップで上体が伸び上がると、パワーを蓄えられないので、飛距離が伸びなくなります。

右腰や右ヒザが伸びた状態で、ゴルフスイングのアドレス、バックスイング、トップへといくと、トップでは十分に力が蓄えられません。

飛距離が伸びるタイプの方は、アドレスよりもトップの姿勢が低いものです。

トップのときに、体が沈みこんだ状態になっていると言い換えられます。

飛距離を出すコツは、体が沈みこむような体勢を、バックスイングのトップで作り上げます。

ゴルフスイングの具体的なやり方は、トップで左ヒザより、右ヒザが高くならないようにします。

左ヒザよりも右ヒザが高い状態になっているということは、上体が伸び上がっていることなのです。

バックスイングをする際に、右ヒザを低めにし、体を沈み込ませるよう意識的に行ってみてください。

テークバックで、腰を回転させつつ、沈めるようにしていく方法もお勧めです。

アドレスからトップへのゴルフスイングは、結論としてわずかに体が沈む形が理想的だということになります。

トップ位置で体が伸び上がっている場合には、飛距離に下半身のパワーがつながらないものです。

上体伸び上がっていないかをチェックして、特に飛距離が出ないことでお悩みの方は、確認してみてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......
ロングアイアンのゴルフスイング方法
4番アイアンでは、ゴルフスイングのアドレスに力が入り過ぎてしまい、5番アイアンで......
ロングアイアンのゴルフスイング
ゴルフを始めて、まだ初心者の段階では、好きなアイアンは5番や7番といったところで......
バンカーのゴルフスイング方法
バンカーでゴルフスイングをすると、アウトサイドインのカット打ちを、フェースを開い......
バンカーのゴルフスイング方法
ゴルフスイングをバンカーショットでする際には、注意点として砂を打つことが大切であ......
アゲインストのゴルフスイング方法
ドライバーを打つタイミングで、強風のアゲインストが吹いていたら、風の影響が強すぎ......
ミドルアイアンのゴルフスイング
ゴルフスイングの高さに対し、ズレを起こさせないようにするには、テークバックからト......
ミドルアイアンゴルフスイング練習
ショートアイアンでもグリーンを狙えるレベルになった方は、ミドルアイアンのゴルフス......
ゴルフ練習場でゴルフスイング安定
ゴルフスイングの練習を、ゴルフ練習場でします。 ゴルフ練習場でも設備がいろいろあ......
ゴルフスイングと距離の安定
ゴルフスイングの回数を、ゴルフ場では数えます。 ゴルフスイングを多くした方が、あ......

▲このページのトップへ