ミドルアイアンのゴルフスイング

ゴルフスイングの高さに対し、ズレを起こさせないようにするには、テークバックからトップへの上体のひねりを、腰の高さを回転させることが重要といえます。

スポンサードリンク

ゴルフスイングで上下にズレが生じてしまう原因には、おおまかに2通りに分けられるでしょう。

ゴルフスイングのバックスイングのときに、上体が沈み込むような形になって、ダウンスイングでは伸び上がるというズレが1つ目です。

バックスイングまできても、ボールを見すぎてしまっていると、起こるようです。

右肩の落ち過ぎになっており、それは頭を動かさないようにして、ボールに顔が近過ぎることが原因です。

トップからダウンスイングまでは、頭の位置を変えないことが理想的ですが、バックスイングでは頭の高さが上下しなければ、動いても大丈夫です。

上体が伸びあがった直後に、体が沈んでしまうというズレが2つ目となります。

ゴルフスイングのバックスイングで、右足を内方向に向けて重心をかけると、良いといわれています。

右足内側に力が入るので、アドレスで腰の高さや位置を変えることなく、回転させられるはずです。

腰の高さを上下に動かさないままで、上体を回転させられれば、トップに来たときにアドレスと同じ右ヒザの角度になっているでしょう。

ゴルフスイングをしていて、腰の位置がどうしても動いてしまうということであれば、ゴルフスイングの練習で、誰かにクラブのグリップエンドで腰を押してもらって、腰を上下させないように慣れていってください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......
ロングアイアンのゴルフスイング方法
4番アイアンでは、ゴルフスイングのアドレスに力が入り過ぎてしまい、5番アイアンで......
ロングアイアンのゴルフスイング
ゴルフを始めて、まだ初心者の段階では、好きなアイアンは5番や7番といったところで......
バンカーのゴルフスイング方法
バンカーでゴルフスイングをすると、アウトサイドインのカット打ちを、フェースを開い......
バンカーのゴルフスイング方法
ゴルフスイングをバンカーショットでする際には、注意点として砂を打つことが大切であ......
アゲインストのゴルフスイング方法
ドライバーを打つタイミングで、強風のアゲインストが吹いていたら、風の影響が強すぎ......
ミドルアイアンゴルフスイング練習
ショートアイアンでもグリーンを狙えるレベルになった方は、ミドルアイアンのゴルフス......

▲このページのトップへ