バンカーのゴルフスウィング方法

バンカーのゴルフスウィングをするときには、極力下半身を使わないように心掛けます。

スポンサードリンク

テークバックで、右側に体が動いてしまうのは、右足に重心を置きすぎた結果です。

インパクトで、ボールより手前にクラブヘッドが入ってしまって、ザックリになったりします。

バンカーショットのゴルフスウィングは、左足に重心を置き、左ヒザに力を入れることです。

ザックリばかりになってしまうという場合、ゴルフスウィングのインパクトを、ハンドファーストの状態で迎えるようにしてみてください。

バンカーの砂が、遠方まで飛び散るくらいの勢いを持って、力を緩めずに振り切ります。

ゴルフスウィングを下半身を動かさないようにして、上体は回転するように心掛け、腕の振りと上体とでボールを打つようにしましょう。

ホームランになってしまわないように、インパクトで力をあまり入れない方もいらっしゃいますが、理想としてはアドレス後に下半身を定めていられるゴルフスウィングを体得することによって、心配がなくなります。

ホームランが多発する方は、ボールのポジションが右過ぎたり、下半身を使ってしまったりなどのクセがあるようです。

鏡に移して、ゴルフスウィングを確認してみてはいかがでしょうか。

インパクトでは、クラブヘッドをボールより手前で落としましょう。

コツは、ソフトボールにゴルフボールを見たて、ソフトボールを打つようにダウンスウィングすれば、楽な気持ちで取り組めて結果につながりやすくなります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフ練習場でゴルフスウィング練習
ゴルフ練習場では、その施設によってボールをカゴの中に入れています。 ボールをカゴ......

▲このページのトップへ