ロングアイアンのゴルフスイング

ゴルフを始めて、まだ初心者の段階では、好きなアイアンは5番や7番といったところではないでしょうか。

スポンサードリンク

ゴルフスイングをマスターする際は、5番や7番でゴルフスイングの練習に励む人が多いからだといわれています。

ゴルフスイングを4番に変えてやってみると、極端に難易度が高まった感覚に襲われます。

シャフトの長さの違いがあり、4番と5番の間は0.5インチの長さと、ロフト角3度という相違点があるのです。

ロングアイアンミスを、4番より上でする場合は、メンタル的な側面に要因があるようです。

体に余計な力が入り過ぎてしまうことから、ボールやスライスが上がらないという結果になります。

ゴルフスイングのアドレスを力み過ぎると、体重が右足に掛かってしまいがちになることから、地面と両肩とのラインが、平行にならなくなってしまいます。

4番アイアンを上達させたい場合には、肩のラインを鏡越しに確かめてみることをお勧めします。

アドレスで、右肩が上がり気味になっているときとは、足場が左に下がっていたり、低めのボールを打ちたいときなどです。

アドレスが普通のときに、以上のような構えを取ってしまうと、ボールが思うように上がらなくなるのは不思議ではないことです。

4番アイアンのロフト角の少ない場合は、右側に体重を傾け、左肩が少し下がるように構えるといいでしょう。

ボールを払うようなイメージで行えば、ロングアイアンに適したゴルフスイングを身に付けられます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......
ロングアイアンのゴルフスイング方法
4番アイアンでは、ゴルフスイングのアドレスに力が入り過ぎてしまい、5番アイアンで......

▲このページのトップへ