ロングアイアンのゴルフスイング方法

4番アイアンでは、ゴルフスイングのアドレスに力が入り過ぎてしまい、5番アイアンであれば問題ないのにという人はたくさんいます。

スポンサードリンク

スイングでも、余分な力の抜けないゴルフスイングをする傾向が見受けられます。

ゴルフスイングを力んで行うと、右肩や右手、右ヒザの動作が速過ぎてしまうのです。

ゴルフスイングをこのままにしておくと、ロングアイアンをこなせなくなるでしょう。

体の右側が動き過ぎないようにする方法は、体の重心を右に残すというやり方です。

ゴルフスイングのインパクトで、右足が浮かないように気を付けてみてください。

ダウンスイングより、インパクト、フォローへと、クラブを振る際には、地面から右足のかかとを離すべきではありません。

4番アイアンは苦手で、5番アイアンならリラックスをして打てるという場合は、右のかかとに気を付けてみてください。

右のかかとを付けた状態でスイングすると、ボールやスライスがきちんと上がらないというケースは、減らすことができます。

クラブの軌道にも、ボールが上がらない原因が隠されているものです。

アウトサイドインの軌道では、フェースがインパクトでかぶることから、ボールが上昇しないでしょう。

ミドルアイアンまでなら、アウトサイドインの軌道でも十分のはずです。

ロングアイアンがロフト角の少ないとき、インサイドアウトの軌道を目指せば、ロフト角よりも良い弾道で打つことができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......
ロングアイアンのゴルフスイング
ゴルフを始めて、まだ初心者の段階では、好きなアイアンは5番や7番といったところで......

▲このページのトップへ