グリーンの周辺でのショートアプローチスイング

グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことでしょう。

スポンサードリンク

ボールを転がすというゴルフスイングは、傍で見ているよりも簡単ではありません。

ザックリやトップに陥りがちで、ボールがピンに寄るまでは、長い道のりなのです。

ゴルフスイングの要因は、どういったところにあるのでしょう。

ゴルフスイングの前に、グリップの確認から行いましょう。

ドライバーのグリップは、ショートアプローチの10〜20ヤードの短さであるにもかかわらず、250ヤードのときのようなグリップにしていることもあるようです。

ショートアプローチのゴルフスイングでは、ドライバー同様、ザックリやトップの要因となるのは、左手でかぶせた握り方にあると言えるでしょう。

ショートアプローチのゴルフスイングは、打ちたい向きに手の甲を向けて、グリップを握るとコントロールがうまくいきます。

体の前方で両手を合わせ、クラブを短く持ちます。

パターの最適さは、ボールをまっすぐ転がすのに必要です。

ボールからグリーンエッジへ何ヤードか残していたら、パター感覚で5番や7番アイアンを打つ方法もあります。

パターをグリップのように握ることが重要です。

フェース面と左手首とを、目指す方向へスクエアにします。

フェース面と左手が一体になれば、手首がロールしません。

パターのようにまっすぐな軌道で、クラブヘッドが動かせます。

アプローチはパターのようにすれば、やさしいということです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
ロングアイアンのゴルフスイング方法
4番アイアンでは、ゴルフスイングのアドレスに力が入り過ぎてしまい、5番アイアンで......

▲このページのトップへ