ショートアプローチスイング

ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、構えに力が入り過ぎている傾向がみられるようです。

スポンサードリンク

左手をかぶせすぎているという特徴が、原因にあります。

左手をかぶせすぎた状態でゴルフスイングをした場合、左腕が伸びきって、右腕も連動して伸びる形となります。

肩と腕とで三角をつくるような形となって、構えに柔軟さなくなってしまうのです。

飛距離が欠かせないドライバーのようなクラブでのゴルフスイングは、構えにもパワーが必要ですが、ショートアプローチのゴルフスイングではあまり関係ありません。

パターを構えてみれば、パワープレイと無関係であることが分かります。

構えに柔らかさを出す方法として、左手の握りは浅めに、肩・手首・ヒジで5角形を形成するようにして、クラブをぶら下げるような感じにしてみるといいでしょう。

パターに似た感じで、ストロークが直線的にできるようになります。

パターのように左手を浅く握れば、左ワキにゆとりが出ます。

ゴルフクラブをぶら下げるような握り方ができれば、理想的な腕5角形が出来上がります。

パターのようなアドレスを実現させることに、腕5角形をマスターすることが役に立つはずです。

腕5角形の構えと、ブリップの握りができそうになったところで、5番と7番アイアンでのゴルフスイングをやってみてください。

ロングパットのようにアイアンでアプローチすれば、ザックリやトップは減らせるでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......

▲このページのトップへ