アプローチのゴルフスイング練習

アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのようにボールを体のひねりによって打ちます。

スポンサードリンク

ゴルフ初心者の段階は、グリーンまであまりなければ、クラブを手先のみで振ってしまいがちです。

距離が短い場合でも、いつものゴルフスイングの弧が小ぶりになっただけと捉えた方が、上手にいきます。

体重移動も通常のゴルフスイングと同じように行いますし、体もひねります。

アプローチを手先のみで行ってしまえば、フェースの向きが定まらずに、距離の安定感も損なわれます。

アプローチのゴルフスイングを身に着けるための、練習をしておきましょう。

ボールを打つ練習に、タオルを左ワキに挟んで行うことによって、アプローチのボディーターンの感覚がつかめます。

アプローチショットを小手先のみで行った場合、タオルが落ちてしまうのですぐ分かります。

左ワキがあまいのは、インサイドにバックスイングを引いているということになります。

フィニッシュでも左ワキが開いていれば、クラブの向きが一定に保たれないことから、ボールの向きも安定しなくなるのです。

腕と体の連動をマスターするために、左ワキにタオルを挟んでの練習は、とても役に立ちます。

体を回転させてボールを打つときに、左ワキがしまっていれば、シャフトがフィニッシュでへそに向いている状態になります。

ヘッドカバーでも、タオルの代用品になります。

ゴルフスイングは、どんな場合であれ腕と体の連動によって、距離と向きとが安定します。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......

▲このページのトップへ