ゴルフ練習場でゴルフスウィング練習

ゴルフ練習場では、その施設によってボールをカゴの中に入れています。

スポンサードリンク

ボールをカゴに入れる練習場であれば、ゴルフスウィングの練習をするときに、足のどちらかをカゴに乗せて行ってみてください。

スウィングの軌道修正に、カゴの足のせゴルフスウィング練習が役に立ちます。

ゴルフスウィングの練習を、右足をカゴに乗せる場合には、アドレスを肩のラインを右肩が高くなるように足の高さに合わせて、左肩は低めにします。

すくい打ち矯正になる方法であり、以上のアドレスの形が崩れないようにスウィングします。

ダウンスウィングで、左足に体重移動ができない方の矯正にも、役に立つ練習方法です。

インサイドアウトの軌道がうまくいかないという方の矯正にも、クラブを、右足の位置が高くなることによってインサイドには引けなくなりますから、上達するやり方です。

スライスの矯正には、カゴに左足を乗せての練習が効果的です。

肩のラインは左肩を高めにして足の高さに合わせ、右肩が低い状態でのゴルフスウィング練習となります。

トップよりもフィニッシュの手の場所が高めになる、ゴルフスウィングの形です。

フックを打つ際の基本形となるスウィングなので、インサイドアウトにクラブの軌道がなっていくでしょう。

クラブをフォローで左方向に振り抜くには、左足が高い状態では無理なので、アウトサイドインの軌道を直したいという方に、お勧めの練習法です。

インパクトで、左方向に腰が流れる方の練習にもなります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ