ゴルフ練習場でアプローチスイング

ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースではダフリになるという方は少なくありません。

スポンサードリンク

ゴルフ練習場にはマットが敷いてありますが、このマットはクラブのヘッドがよく滑るのです。

ゴルフ練習場でゴルフスイングをして、ヘッドが少し手前気味のところで当たったとしても、まっすぐに飛ぶようになっているのです。

ナイスショットと勘違いする中に、このようなまっすぐ飛んでいるものがありますが、クリーンにボールを打つのは、ゴルフ練習場においても大変なことです。

ダフリを改善するゴルフスイングの練習方法が必要です。

ボールのみをクリーンにミドルアイアンで打つ練習を、ボールをティーアップした状態で行ってください。

ボールをティーアップしたら、5番から7番アイアンで打っていきます。

ボールがクリーンに当たらなければ、ティーにクラブヘッドがぶつかったときの、鈍い音がします。

フェースの上の方にボールの軌道が当たると、フワッと浮くようになるばかりで、飛距離が飛ばないものです。

フェース中心部分にボールがクリーンヒットしていれば、鈍い音も起こらず、弾道がとても強力なものになるでしょう。

ゴルフスイングの練習をする際には、以上のやり方でトップを正しく入れれば、ダフリがなくなっていきます。

注意点として、ゴム製ティーが切れるという理由から、ゴルフ練習場によってはアイアンでティーアップしたボールを打てないところもあるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......

▲このページのトップへ