ゴルフスイングとフェアウェイ維持

スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるものです。

スポンサードリンク

ゴルフスイングに、そうした思いがプレッシャーとなって、結果が良くならないことも多いものです。

ゴルフスイングで結果を出すには、どうしたら良いのでしょう。

ティーショットが大切なポイントであり、スタートホールのゴルフスイングをクリアするカギとなります。

第1打のゴルフスイングによってフェアウェイキープができれば、以降のプレッシャーが激減させられるでしょう。

第1打からスライスしてしまって、チョロしたり、林の中に入るようなことがあれば、右往左往して移動しまくるはめになります。

ペースが速くなる原因となり、第2打の次からは挽回しなければいけないと焦りが生じて、無駄な力が入り過ぎてしまいます。

ドライバーでティーショットを打たないというやり方によって、フェアウェイを保つ方法もあります。

5番のミドルアイアンくらいでティーショットを打ち、フェアウェイのキープをするやり方もありでしょう。

スタートホールなのに刻むという意識を除いて、スタートホールだからこそ、あえて刻んでいこうという発想に切り替えます。

スタートホールでも失敗してしまったら、その後はどうすればいいのでしょう。

ティーショットでフェアウェイをキープし、流れの悪さを断ち切ることが大切なので、次のホールをスタートホールと定め、焦って次のホールで巻き返しをと考えないことが重要です。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングと食事や性格
ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。 食事は豪勢であり、ビ......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......

▲このページのトップへ