ゴルフスイングと食事や性格

ゴルフ場では、9ホール回ったところで、一旦食事となります。

スポンサードリンク

食事は豪勢であり、ビールなども振る舞われるので、あまり目が欲するままに食べ過ぎてしまうと、午後のスコアは停滞するでしょう。

ゴルフスイングには、腹周りの要素も大いに関わってきます。

ゴルフスイングや午後のスコアも捨てる気がなければ、やはり昼食の量は、腹8分とは言わずに、腹5〜6分くらいが適量だといえるでしょう。

スコアメークに、食事も含まれているくらいの意識を持てれば安心です。

ゴルフの結果やゴルフスイングには、そういった要素も響いてきます。

ゴルフ場のレストランに時間一杯ゆったりしていると、体がクールダウンしてしまいます。

レストランでの食事が終わって休んだら、少し早目にゴルフスイングの練習や柔軟体操などに取り掛かると、一度クールダウンしてしまった体が、元のゴルフに適した状態へとより近付けられるので、重要なことです。

フェアウェイを維持して、午前中の第1打のように、午後の第1打も大切にしましょう。

クラブの選び方は、午後だからと攻めずに、朝のスタート時と同様の気持ちで静かに始めてください。

最終ホールでは、ベストスコアに関わってくる場合もありますので、プレッシャーになります。

ゴルフへの姿勢は、こういう状況では攻めに徹した方が、守りに入って体の力が委縮することを避けられる傾向があります。

性格から、守りのままの方が良い方もいらっしゃいますので、性格に基づいた判断が決め手となります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ゴルフのダウンスイングの基本
ゴルフスイングでバックスイングをする際の、左腕の高さが地面と平行のところまで上げ......
ゴルフスイングとフェアウェイ維持
スタートホールを無事に乗り切れれば、その日のゴルフは順調にいけそうだと感じるもの......
ゴルフ練習場でアプローチスイング
ゴルフ練習場では、ボールをまっすぐ飛ばせるゴルフスイングができるのに、コースでは......
アプローチのゴルフスイング練習
アプローチだからといって特別なことをするわけではなく、普通のゴルフスイングのよう......
ショートアプローチスイング
ゴルフスイングの中でも、特にショートアプローチがうまくいかないというケースでは、......
グリーンの周辺でのショートアプローチスイング
グリーンの周辺でのショートアプローチでは、ポイントとなるのはボールを転がすことで......

▲このページのトップへ