ゴルフスイングの基本は、なんといってもアドレスからでしょう。
アドレスがきちんと正しく行われていれば、ゴルフスイングも正しくなっていきます。

スポンサードリンク

ゴルフスイングの基本とアドレス

ゴルフスイングでは、まず、右足甲のまっすぐ上に右肩が位置するよう、アドレスをセットしてください。

アドレスが右足甲より右肩の方が前方になってしまうと、前に姿勢が倒れ過ぎになったり、反対に上体を起こし過ぎるアドレスは、ゴルフスイングの回転を妨げてしまいます。

バックスイングの際の、上体の上下運動や水平な動きになっていってしまいます。
ゴルフスイングをするとき、体の重心が親指の付け根にかかるように意識します。

地面に対し、肩ラインが平行にしますが、クラブを持つ手が、左手よりも右手の方が下側になるので、その分だけ右肩が下がり気味になります。

肩の力を抜いて、腕に力が入り過ぎないようにしましょう。
足のつま先は、両足でスクエア状に位置させますが、右のつま先は15度ほど開き気味でも結構です。

チンバックは、バックスイングをするときに、あごを右の方へ向けることをいいますが、バックスイングの出だしがどうしてもつかみにくいという場合、チンバックしても大丈夫です。

バックスイングをするときに、ゴルフクラブのグリップエンドの向きが、自分のへそに向いているように意識しましょう。

テークバックが体の回転だけでできているなら、同時にグリップエンドの向きも、ちゃんとへそに向いているものなので、参考になさってみてください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ゴルフスイング:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://k.m613.com/golf/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。