損きりと売りのタイミングライン

どれだけ株に精通した人でも、売るタイミングというのはいつでも悩むものです。
「もう少しは早く売っておけば・・」「後もう少し待てばよかった」という後悔は、つきものですね。

スポンサードリンク

経験を積んで、利益をトータルで考えることができるようになれば、多少利益が減っても、なんてことはありません。
しかし、株を始めて間もない方は、少しでも利益を増やそうと、売りのタイミングに右往左往することもあるでしょう。

この売りのタイミングが、株取引において一番難しいことだと言われています。
持っている株が急落すると、当然初心者のかたは焦ってしまいます。
今売るべきなのか、それとももう少し待ったほうがいいのか、それは経験でしかわかりません。

本を読んで理屈を覚えても、実際の世界はマニュアル通りにはいかないのです。
見切りをつけるタイミングというのは、実際に経験を積んでいくことで、少しずつわかっていくようになります。
最初のうちは、ある程度の損は仕方がないと思いましょう。

上のように、急落しているときは、多少見切りもつけやすいでしょう。
では、じわじわとゆっくり下落しているときは、どうすればいいでしょうか。

「今は落ちているけど、今売ったら損は確実だし、思い切ってもう少し待ってみようか。」
と、上がるのを待つ人もいるでしょう。
こうなると大概の場合、損きりラインをみるみる下げて、しまった、となる場合が多いのです。

株価が上昇しているときも、売りのタイミングは難しいものです。
欲を出さなければ、難しいことはありません。
しかし人間である以上、「まだまだ上がるだろうから、ここで売るのが惜しい」と欲張ってしまいますね。
短期間に一気に上がる株ほど、タイミングを計るのはより難しいといえるでしょう。

このように、タイミングをその場その場で決めていくのは、初心者にとっては至難の業です。
ですので、事前に資金面を考慮し、ラインをひいてしまいましょう。
株の動きを完璧に把握することは不可能です。
ラインを超えたときには、深く考えずに手早く売ってしまうようにしましょう。

もし損きりの後にその株が上昇したりすると、確かに後悔することはあります。
でも逆に、損きりをしたから助かることも多々あるのです。
一回一回の取引で一喜一憂せず、売り方を決めて割り切ることで、冷静な取引を行っていくことができるのです。

それでもやはり、売った株が上がれば、悔しい気持ちにはなってしまいますね。
ですので、売った後はその株価は出来るだけ見ないようにするのがオススメです。

精神的に負担がかかると、その後の取引にも影響してしまうでしょう。
「株は損をするものだ」という前提で、取引を行うのがいいと思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

株式投資と会社の人気
株取引を行う投資家にとって、2008年後半は悪夢のような日々だったと思います。 ......
株価を裏であやつる仕手
ネットなどでも株が買える時代になり、株が昔よりももっと身近なものになってきました......
リスク管理が株の基本!分散投資
株取引をするにあたり、様々なリスクが存在します。 特に、持っている資金を全額同じ......
リスクを考えた資金計画で株取引
株を買う前にまず、資金の用意が必要ですね。 生活の口座とは別に、株専用の口座を作......
チャート重視で銘柄を選ぶ テクニカル分析
テクニカル分析を重視して、取引を行う方もいるでしょう。 その場合、銘柄を選ぶとき......
銘柄選び ファンダメンタル分析で業績チェック
株取引を行うには、まずどこの企業に投資をするのか、そこを決めなければ始まりません......
会社四季報やYAHOOファイナンスで株情報
何の知識や情報もなしに、いきなり株を始めるのはあまりに危険です。 ネットで気軽に......
性格の向き不向き?中長期の投資
株には、短期投資と中長期の投資があります。 まったく別物といってもいいぐらい、投......
株初心者にデイトレードはリスク大
「最近株を始めたんだよ」という方、身近にいらっしゃるかもしれませんね。 そういう......
株取引の期間(短期・中期・長期)
若い人が株を始める場合、イメージするのは短期投資やデイトレードかもしれませんね。......
株初心者はテクニカル分析?
株取引を行う上で重要なのが、分析方法です。 業績などを中心に分析するファンダメン......
株初心者でもファンダメンタル分析
株式投資を成功させるには、必ず必要なものがあります。 それが情報の分析です。 株......
テクニカル分析とファンダメンタル分析
これから株を始めようという初心者の方は、まず損切りのラインの設定やタイミングを覚......
リスク管理の基本 損切り
株取引にはリスクがつきものです。 儲かるばかりが株ではありません。 損は必ず出る......
株初心者は損切りを勉強していこう
彼女と初めていった映画のチケット、プレゼントをとっている、という方。 思い出の場......

▲このページのトップへ